うつ病は薬物療法で治せるのか?薬の正しい知識と服用期間

うつ病は、薬物療法で治療する病院がとても多いですが、
自分でも薬の知識や服用期間を知っておかないと、痛い目にあうことがあります。
そこで今回は、うつ病の薬物治療についてお話したいと思います。

スポンサーリンク



病院のうつ病治療の基本は「薬物療法」

私が行った心療内科では、治療方法の提案は一切なく、
「うつ病=薬」というような「薬物療法」の治療法しか対応していませんでした。

しかし、うつ病の知識がなかった私は、他に改善できる方法があることを
知らないまま、病院で処方された薬を飲み始めました。

そして、薬を飲むと少し不快な症状が緩和されたように感じていたことで
「薬を飲んでいればきっと治る」と思うようになってしまったのです。
ぽちママ画像

夫の調べによれば、病院のうつ病治療の基本は「薬物療法」となっていました。

その為、薬を処方した先生の判断は、いたって普通なんだと思います。

しかし、うつ病の治療に力を入れている病院では、
認知行動療法や催眠療法、食事療法や運動療法など、
薬物療法以外の治療を提案してくれる場合もあるのです。

薬物療法以外の治療法があったと知った時、
私は、治療法の説明をしてくれなかった先生を恨みました。

対応していない治療法だったとしても、説明してほしかった。

私と同じような思いをする人が1人でも減るよう、
せめてここで薬物療法の正しい知識だと思うことを伝えたいと思います。

薬物療法は症状の緩和には必要な治療法

病院に通院している間、私は処方された薬を先生の指示通り飲んでいました。

私の場合は、薬を飲み始めてすぐ、まずは不眠に効果がありました。

「夜寝る前に飲んでください」と言われた薬を飲むと、
眠りやすくなり、夜中に起きる回数も減り、悪夢を見る頻度も減りました。

また、頭痛やめまいなど、他の不快な症状を感じる頻度が減っていたことも考えると、
それなりに薬の効果はあったのだと思います。

しかし、薬を1年間飲んでも、うつ病は治らなかった。
ぽちママ画像

そんな自分の結果もふまえた上で導き出した薬物療法の正しい知識がこちら。

「うつ病は薬物療法だけでは治らない。しかし、症状の緩和には必要な治療法である」

辛い症状が頻繁にでるような状態より、薬で症状を緩和しながら過ごした方が、
根本的な改善策にも取り組みやすくなると思いませんか?

薬で治そうと思うのではなく、最初から薬をサポート程度に考えておくことができれば、
薬物療法のイメージが悪くなることは無いのではないかと思います。

薬物療法を開始する前に服用期間を先生と相談しよう

私の通院していた心療内科の先生は、薬の服用期間についても説明してくれませんでした。
先生画像

「薬を飲んで様子をみてください」の繰り返しで、
いつまで飲めばいいんだろうと思いながら、結局1年も薬を飲むことになってしまいました。

このダラダラ飲みは、うつ病を完治するという目標がある場合、よくありません。

薬物療法だけでうつ病を完治することはできないのですから、
服用する前に、先生と服用期間を含めて、
うつ病の治療期間の目安を話し合った方が良いと思います。

回復のスピードには個人差があるため、途中で変更することもあるとは思いますが、
薬物療法は、断薬の際に離脱症状が起こる危険性も考えると、
ある程度服用期間を決めながら飲む方が安心安全だと思うのです。

また、あまりにも説明不足のまま短時間で診察を終わらせてしまう先生の場合は、
違う病院で診てもらって、診察内容を比較してみても良いと思います。

薬物療法が長期になってくると、断薬する時に離脱症状がでてしまう可能性もあるため、
専門医としっかり話し合った上で、薬と付き合っていくことをおすすめします。


スポンサーリンク

コメントを残す