うつ病薬「デプロメール」の効果・副作用・離脱症状について

うつ病の薬、SSRIと呼ばれる抗うつ剤「デプロメール」とは?
減薬・断薬時の離脱症状に苦しむことがないよう、
デプロメールの効果、副作用とともに、SSRIがどんな薬なのかお話します。

スポンサーリンク



うつ病薬としての「デプロメール」について

リーゼ錠、ソラナックスと飲んできた中で、
次にうつ病薬として飲むことになった薬が「デプロメール」でした。

私の処方は、1錠25mgのデプロメールを1日2回。

この1日50mgという用量は、基本的な初期用量として設定されています。
デプロメール

ちなみに、デプロメールの1日の最大用量は150mgです。

デプロメールを飲むにあたり1番知っておきたいことは
「SSRI」であるということではないでしょうか。

SSRIは、日本語にすると「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」
わかりやすく言えば「セロトニンを増やす薬」という意味です。

セロトニンを増やす方法をお話した時、
うつ病の原因にセロトニンの分泌不足を上げましたが、
この分泌不足の状態を改善するために、
うつ病の治療薬としてデプロメールのようなSSRIが処方されるのです。

ちなみに、SSRIの「ルボックス」は、デプロメールと全く同じ薬です。

名前が2つあるのは、販売会社が違うという理由だけです。

デプロメールを飲んで感じた効果

私が通院していた心療内科の先生の説明では、
デプロメールの効果は、飲んでから半日(12時間)が目安だそうです。

眠くなりやすいということだったので、私は就寝前と昼食後に飲んでいました。
水の入ったコップの画像

また、1ヶ月以上飲み続けることで、効果が安定してくると言われていたのですが、
私は飲み始めて2~3日過ぎた頃から、不安や被害妄想がでてくる時間が減り、
気持ちが楽になる効果
を感じました。

たまに飲み忘れると、一気に情緒不安定になっていたので、
私には精神的な面でとても影響を受けたと言える薬になりました。

デプロメールの副作用と離脱症状について

先生の説明では、デプロメールは、安全性が高く、効果が穏やかなので、
副作用はほとんど無いと聞きました。

ただ、軽い副作用が出るかもしれないと言うことで
「眠気、吐き気、口の渇き、便秘」といった症状を上げていました。

私の場合、一番でやすいと言われていた眠気もあまりでず、
デプロメールの副作用を感じることはありませんでした。

副作用を感じなかったことに加え、飲むと気持ちが楽になっていたことで、
私は3年以上もの間、デプロメールを長期服用する結果となりました。

この長期服用により、私は断薬時に重い離脱症状に苦しめられました。
プレッシャーの画像

私が苦しんだ離脱症状は、頭痛、めまい、耳鳴り、震え、吐き気、
食欲不振、落ち着かない、悪い妄想
などです。

特に自分や身近な人を傷つけるような悪い妄想に、恐怖を感じていました。

私のように後で苦しむことにならないよう、服用期間の目安は先生と話し合い、
デプロメールの長期服用はなるべく避ける
ことをおすすめします。

コメントを残す