家族がうつ病になった時に意識したい7つの接し方

もし自分の家族がうつ病になった時、あなたはどう接したいと思いますか?
うつ病を良くするには、家族全員の理解と支えが必要不可欠になります。
そこで今回は、家族がうつ病になったときに意識したい接し方をご紹介します。

スポンサーリンク



うつ病克服は家族の接し方も大事

私がうつ病になったばかりの時、夫はうつ病のことを何も知りませんでした。

その為、家事をしない私に不満を感じたり、イライラしたり、
「何でやらないんだ!」と怒鳴ってくることがあり、私のうつ病は悪化する一方でした。

しかし、夫が病院に付き添ってくれた際、先生からうつ病の話を聞き、
私がどんな状態なのかを聞いて、夫は気づいたそうです。

ママのうつ病が悪化しているのは、家族が理解していない上に、
協力する姿勢が無かったから
なのかもしれないと。

そんな気づきがあってから、夫は変わり、
うつ病になった私を支えていこうと決意してくれました。
夫画像

夫はうつ病について、いっぱい勉強しました。

うつ病に関する本は10冊以上読んでいましたし、
うつ病を克服する方法をネット検索で調べるのも日課にしてくれていました。

その結果、うつ病の知識が豊富になっていくにつれ、
うつ病になった私への接し方にも気を付けるようになり、
家事もたくさんしてくれるようにになりました。

それからです。私のうつ病が少しずつ良くなっていったのは。

克服した今振り返ってみても、
家族の協力や、配慮した接し方が克服の後押しなっていたと感じています。

うつ病の家族が意識したい7つの接し方

うつ病克服の後押しにもなった、家族が意識していた7つの接し方を紹介します。

1.できるだけに今まで通りに接すること
2.
頑張ってほしいという気持ちはしまっておくこと
3.
どうして?なんで?と追いつめないこと
4.
指示的な言い方はせず、提案すること
5.
話しかけられたら、しっかり話を聞くこと
6.
早寝早起きのサポートをすること
7.
外出する時は家族の誰かが付き添うこと

もし、7つのことのどれか1つでも逆のことをしていたとしたら、
その家族の言動が回復していかない原因の1つになっているかもしれません。

1日でも早く克服してもらいたいと思うのであれば、まずは自分ができることから。

思っている以上に家族ができることって、いっぱいあるのです。

一番辛いのはうつ病になった本人だということを忘れないで

「どうしてママはうつ病になってしまったんだ?」
「どうしてこんなに辛い思いをしなきゃいけないんだ」
そんな思いが夫にはあったと思います。

でも、うつ病のことを勉強するにつれ、一番辛いのはうつ病になったママ本人なんだ
と思えるようになったと言ってもらえたことがあります。
夫婦画像

夫は、うつ病と向き合う気持ちになる前は、
私が掃除をしたり、洗濯をしたり、料理を作ったりすることは
当たり前のことだと、どこかで思っていたそうです。

朝起こしてくれる。部屋が綺麗になっている。
着た服が洗濯されている。家に帰ってきたら、すぐに夕食がでてくる。

これを自分でやったら、どれだけ大変だったことか、と。

うつ病のような心の病は、いつ治るかわからないから、
家族も不安になりやすいです。

でも、私が克服できたように、うつ病は必ず治る病気だと思います。

一番辛いのはうつ病になった本人だということをどうか忘れないで、
家族みんなでうつ病の克服を目指してほしいです。

コメントを残す